ちいちゃんの昔話

昔話をしていると床ずれの痛みも和らぎ

数日前よりパニック症があらわれ、

一人になると胸のあたりに大きなもので押し当てられているようになる。

長い期間をかけて自力で直したのに・・・・・

今日、以前にお世話になった懐かしいヘルパーさんに電話を入れ、

見守りをお願いする。

懐かしい写真、昔話をしていると床ずれの痛みも和らぎ、

胸の苦しいものも忘れて時間が過ぎる。

安心して生活のできるサービスを作らないと。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 往診日

  2. ごちそうを

  3. ないです ありません

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP