ちいちゃんの昔話

自分自身と戦い続けて

 
 
 
自分の焦点を狂わさず
 
 
幸せにたいして
 
生きるために
 
 
 
二十数年前、仕事ができないことの・・・・・
 
自由にできないことの・・・・・・
 
当たり前に食べたいものを・・・・・
 
人と同じように外の空気を・・・・・
 
些細な言葉に傷ついたこと・・・・・
 
 
一日もあきらめることなく、
 
自分自身と戦い続け、
 
 
 
 
希望の見えぬトンネルを走り抜けるがごとく・・・・・・
 
わずかな明かりを頼りに走り続け、
 
 
あれから二十年もなるか・・・・・
 
 
 
まだ、まだ、これからも続く長い道のりか・・・・・
 
目の前にゴールがあるのか・・・・・
 
 
 
もう少し頑張るか。
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP