ちいちゃんの昔話

知ったこと

 
 
この身体、
 
足のわずかなずれでいても、痛くても直すこともできないのです。
 
目の前に仏壇があっても、手を合わすことができないのです。
 
蚊が目の前で血を吸っていても、その蚊を払うことすらできないのです。
 
 
 
その環境に順応してるうちに、
 
いろいろの知恵が湧くのです。
 
 
 
朝、目が覚め。
 
 
朝の日課、お墓の掃除しと
 
おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんと手を合わせ。
 
主人のお墓へ、「今日一日頑張る」と報告。
 
 
 
二つとお墓、ここから片道18K
 
 
ベッドの中、
一瞬にして、
心が飛んでゆき、
気持ちのよい墓参り、
 
 
悩むこころが少し減る。
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP