ちいちゃんの昔話

誰か助けてくれ

ちいちゃんは仕事の事を考えていると、楽しく生き生きしているように思う。
 
休みの日であろうが、どんなに忙しくても、忙しければ忙しいほど、面白い。
 
 
最近、それではだめだと頭の中では考えるし、それを体現しようとしているが、先が
 
見えない。
 
人って、仕事を辞めたり、始めたりするものなのか。
 
いやいや、私は一生現役であっていいと思っている。
 
しかし、周りの状況、健康、色々とすり合わせながら、自分の終焉を決めなければ
 
ならない。
 
自分では思うようにいかないのはへたくそなのか、考えが浅いからなのか、色々あ
 
るだろうが、それらを後ろで助ける人がいたらどんなに楽なんだろうか。
 
 
私の半生まだまだからが破れないであろう。
 
どうしたものか。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP