ちいちゃんのお仕事

ぶつぶつぼやきながら…

 
12日からアートの展示が始まり、職員さんは60点もの作品を持って会場設定に出掛ける。
 
新聞社の方もこられていたようで、いい記事を書いてくださるとよいのだが。明日の新聞楽しみ。
 
もう一人の責任者と共に内緒で会場に行こうかと声を掛け、明日は会場を覗きに行く。
 
いい写真が撮れたら載せてもいいかなあ。
 
 
 
10日ばかりの展示会に右往左往。常設会場をつくったらもっと大変だろうに。しっかりと計画を立てなければ。
 
ボランティアを探すのも一つかな。
 
 
 
私の頭では次の常設の展示会の方にいっている。頑張ろう。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP