ちいちゃんの昔話

めちゃ暑い

家から一歩も出ないが暑い。
なんか頭を一つも休ます時間がない。
冬布団のクリーニングも返ってき、引っ越し用に梱包する。
ほんの一部の職員さんしか知らないが、引っ越しの荷物は4割できていると感じている。
でも人にはほとんどわかっていない。
昨日はここから1,2週間着る服を洗濯し、クリーニングに出すものは出し、少し落ち着く。
今日は一日、責任者と私の部屋でいろいろと詰めをする時間ができた。
やはりこういう詰めの話を週1で、数を重ねるべきであろう
共通認識が一番。
これから私の介護の内容を新しい職員さんのために作成し、準備にかかる。
現場だけでやろうとすると無理がある。
実習の前に情報提供が必要。
なかなかきちっとした資料が作成されておらず、これから下準備にかかろう。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP