ちいちゃんの昔話

ケセラセラである。

くもり

昨日のイボも痛みも少なく、やれやれである。

事業所の事、無事にいろいろな部分が進行している。

これで大丈夫であろうかと・・・ちょっぴり心配。

重要な書類の99%はOK、

次の段取りにかかろう。

また、パソコン(作業所用、)のトラブル発生。
十台もあると・・・
昨日、修理に出したパソコンが直って持ってきてもらったら、
その場で、「もう一台も調子が悪いのですが、これもみてくださいませんか。」

ここ数ヶ月パソコンの修理代がかさむ。

昨日、隣の部屋でコピー機を動かすたびにギー、ギー、ギー、と・・・
?????

「どうした。??」
「音が出るのです。」
「早めに見てもらわなければ、故障になるのでは・・・」故障しているよぉ~

何で故障ばかりなの?
そういえば、コピー機も11年も使用してもおかしくないか・・・。

それにしても・・・・ことばもない。

ケセラセラである。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP