ちいちゃんの昔話

賛美歌の手話、よかった!!!

イメージ 1

くもり

久しぶりの教会。

五年ばかしのご無沙汰、皆さん快くお迎えをいただく。

あの方は?
この子供さんは?
覚えのあるご婦人お変わりのない。

牧師の幸子先生。
お泊りをしてくださったお嬢さんがこどもさんを抱えておられる。(あれーまぁ!)

懐かしい顔、顔、顔。

小学校のお嬢さんが、今は高校生となられて「大きくなられて、覚えてくださった」

「はい」とにっこり答えてくださる。

お昼を持ち寄りでお料理がテーブルにいっぱい並べられて、
皆さんとご馳走になり自宅に帰る。

賛美歌の手話、よかった!!!

宗教を超えていい関係がここにあることがうれしい。

お早い帰宅、2時には自分のいつもの椅子に座る。
意外とお疲れ無しである。

今日は少し心に余裕があるように感じれる。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP