ちいちゃんの昔話

気晴らしをしたいなぁ

はれ

風邪は咳がともらない。

それ以外は熱もないし、鼻水も止まる。

今日は生徒さんの面接。

若く元気でリーダー的な素質を持ち合わせておられる。
即戦力にはいたらない。
長い実習期間を設けなければならないであろう。

利用者も増えてスタッフをいれたいのだが。

この度の有給消化も無事乗り越えれそうである。

週末はお勉強しなければ、来年度予算が出せない。

パソコンと仲良しになろう。

早く、たのしいことでもして気晴らしをしたいなぁ。

何か、ひらめいたら実行しようと。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP