ちいちゃんの昔話

な~い!

な~い!

印刷物の見積を取りを二社ほどほしくて動く。

いつも世話になる印刷さんに携帯に連絡をいれるが????

電話帳を調べるが???

ネット上にも名前が出ない??

こちらではそこそこの老舗、大手印刷屋である。

大きなイベントを毎年開催していた折、何かと力になってくださった印刷屋であった、

ない、すごく気になる。

一社いつもハンコを注文を出す所へ見積をお願いする。

とりあえず見積を出してくださるということで話を終え、

「〇〇印刷屋はどうされました?」と聞いてみた。

「閉められたようですよ」と一言。

印刷屋さんは今は大変な時代。

小さなものは自分でできる時代

大きなものは単価が抑えられる・・・

発注は地元も出なく県外のところが受ける?もっていく。

ホントに寂しい!!

いつわが身に降りかかるか・・・

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP