ちいちゃんの昔話

この性格

幾度となし失敗を繰り返し、

失敗すると悔しかったり、穴があったら隠れたいような状況に陥る、

一息つくと歯がゆくて諦めがつかず、

できるかできないかわからぬが食い下がる。

いったって往生際が悪いらしい。

泣いてもしかたがないのに、涙拭き拭き歩いている。。

わからぬことを聞きながら乗り越え。

幾度も重ねて、頭を上げ周りを見渡せばなだらかな平地に。 

ひさしぶりにたずねた所で目にしたことば。

【失敗したところで“やめて”しまうから、“失敗”になるんだよ。】

そんなのだと思う。諦めるから失敗で終わるのだ。

納得。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP