ちいちゃんのお仕事

冷や汗や、安堵やら・・・・

朝から寒く、一時だが屋根が真っ白。
ふっと、基盤事業の終了書類は提出されたのだろうかと頭をよぎる。
「基盤の支払いはどのようになってます。」の職員さんに聞く。
「はい、・・・・・・・・」?????
「年度末、処理をしないと支払いできないですよ」

・・・・・・・・・・
「新しい職員さんと手分けして書類をだしてくださいよ。」
アタフタと二人の職員さん40分ほどで仕上げ、県庁にファックスを入れられる。
「よかった。充分に気をつけてくださいよ。」
ほんまに危なかった。
ちいちゃん作成の工賃目標計画書はメールで送る。

それに対して、

「書類で質問や不備があれば連絡入れます。

何もなければ、そのまま上に上げます。」と返事。
夕方になっても問い合わせ無しということはOK。やれやれね。

冷や汗や、安堵やら・・・・
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP