ちいちゃんの昔話

もやもやも少し解消

イメージ 1

大きな土産はスイカ

久しぶりに息子の里帰り、

気を使わなくて話せ、

一緒に昼をいただく、ちいちゃんが

食べきらないものを彼がいただき

二つ、三つを話せばわかる間柄、

早く彼女が見つかるといいなぁ、

施工してくださる知人がひっこり顔を出し雑談。

そこに職員さんが二人の子供を連れてアジサイを持ってきてくださる。

彼とスイカ、アジサイ、子供さんの笑顔。

ここ数日のもやもやも少し解消。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP