ちいちゃんの昔話

したたかに

昨夜は学生さんと早々と寝る。

何も考えないことが得策。

幸いなことに学生さんも前日寝不足であり、

早く寝ることでお互いに合意。

「おやすみなさい」・・・・・・・・・・・・・

あまり思い悩むなかれ?

朝、目を覚ましいつもの心の整えるとともに、

その裏で開き直るしかないと決め込む。

いつもながらしたたか。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 懐かしい東京タワー

  2. なつかしい

  3. 苦笑い…

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP