ちいちゃんの昔話

またまた期待を

アックションパットに床ずれのあたりに穴を開けた結果。

昨日は痛いために身体の体勢を頻繁に直してもらい。

情けなさために少しだけ涙が。

夕食は疲労のため食べれななかった。

またまた、

今日は昨日とは比べ物にならないくらい楽、

その結果を見て、

早速、今晩は起立椅子のマットを細工、

これで週末が楽に過ごせたらいいが。

期待しょう。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP