ちいちゃんの昔話

これからは

 
 
学生さんと話をしていて「隠居はいつですか」ときかれる。
 
「線を引くなど、とんでもない。受けるうちは仕事をしたい」
 
仕事をしてるほうが元気だしね。
 
今まで思いのほかよく働いていと思う。
 
 
 
「昔、何でもよい人の役にたつことをしたいと悩み苦しんだ。」と話しながらおもいだ。
 
目をつむり寝つこうとすると・・・・・・頭は昔へ
 
 
 
 
想いの一部は実現をしているのだと気づく、感謝。
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP