ちいちゃんの昔話

泣きが入る

例年のごとく、ボランティアさんのシフトが埋まらない。
 
明後日がその次と埋まらない。
 
悲しい…
 
泣きを入れてもどうにもならない。
 
あまり泣き言を言わないこの私が泣きを入れる。
 
人生こんなもんか。
 
 
 
その反面、仕事への思いは一向に変わらず、前に進める。
 
仕事、公私ともどもすべて「人」。
 
正直に伝えて乗り越えるのみ。
 
これだけで越えれるのかな。
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 往診日

  2. ごちそうを

  3. ないです ありません

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP