ちいちゃんのお仕事

新しい道を開く出会いに

新たらしい模索をする中、
自分の弱さ、勉強のたりなさをを感じることがあった。
ネットで論文をめにして、そこには重度障碍者の施設医療、財政などの問題が書かれてあった。
ちいちゃんは自分のことさえ伝えきれてなかったと気づき、
地域で重い障害があっても当たり前に暮らせるための声を上げていかなければ中途半端に終わる。
このことは、施設、病院で暮らさなければらない人が安心、安全に暮らせる地域、政策に進めな
ければならないからだ。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP