ちいちゃんの健康

この時期に

 
人生の終わりを考え始め、
 
よい終えんなど考えてならないが、
 
やはり、終わりは来る。
 
自分が納得をする、させれる終り方。
 
 
ちいちゃん、一度、社会からリタイヤをしたとき、
 
後で悔やんでも悔やみきれないほど後悔をした。
 
 
今。その努力を惜しんだら、学習能力ゼロである。
 
 
夢ではないが、逃げない、目をそらさない。
 
少し頑張る。
 
生きるために。
 
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. ないです ありません

  2. 一直線の道を

  3. 30年前も 40年経って・・・・

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP