ちいちゃんの健康

体の調子

引越しに備えて昇降機、車椅子、リクライニング、手押し車椅子、
 
自分の為、介助者の為に 楽な介護になるために使い分けよう。
 
それには、休眠の車いすも活用し、通勤用の車いすといつも乗る車いすと、仕分けをして乗り分けよう。
 
しばらくお休みをしていたために、バッテリーの取り換えと、充電液の補充も必要であろう。
 
古い古い車椅子を出動させて乗る事になりそう。
 
 
まあこれもよいか。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP