ちいちゃんのお仕事

準備万端

 
年も迫り、事務所の人も少なく、いつもの業務をこなそうと思うと、
 
一人の職員さんに負荷がかかり、大変大変。
 
とりあえず年内のお給料支払いも無事完了。あとは自分の年末の準備。
 
今晩から正月明けなんとか人を声かけて乗り越えるぞ~!
 
年明けたら、大金の出費。それも事無く終える。これも感謝。努力してるもんな。
 
そしておせちの注文も電話する。みなさんと楽しく頂くために準備。
 
 
「もしもし、おせちはまだ申込できますか?」
 
「はい、大丈夫ですよ。」
 
「それでは、3,4人分のおせちお願いします」
 
「ありがとうございます」
 
「それでは配達をお願いできますでしょうか?」
 
「いや、私どもは配達はしておりませんが…」
 
「え~。。いつもしていただいてるんですけれども。。
えがおのちぃちゃんですが。昨年もしていただいてるんですが。。」
 
「あ~!いつもお世話になっております!配達させていただきます!」
 
この変わり身。この店員さん覚えててくれたのか。思わず笑ってしまった。
これで私のお正月の食事も確保。
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP