ちいちゃんの昔話

一回では無理よ

今日、天気も良く、新車試乗のために駐車場へ出る。
 
久しぶりに外気のの空気。
 
気持ちもよく、幸せな気分を一時味わう。
 
 
 
シエンタのリフトカーを暮れに購入してあった。
 
しかし、体調を壊しため、車は駐車場で眠ったままになっていた。
 
 
車う動かすため、操作と説明しに来られ一時間ほど費やした。
 
職業三人と立ち合いで検証
 
シエンタの車高と車いすとちいちゃんの高さが合わず、
 
車の天井に頭を少しこすりそう・・・・・
 
 
車いすの高さを四センチ下げる、二階のデスクをその分下げる、
 
パソコンの画面を下げて視野を確保できればよし。
 
 
 
どこかを変えること、あちこちと調整することになる。
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP