ちいちゃんの昔話

なんでかなあ

今日は晴れ。
 
動けるものなら外に出たらどんなに気持がいいか。ざんね~~ん。
 
 
先日いただいたアートのビデオのナレーションを見ようと探してもらうと、すぐに見つからない。
 
そのものを探すがために動き始めたら、、右も左も前も整理整頓が気になる。
 
ビデオを探していると、昨年のビデオが転がっている。
 
私の整理の中にそういうことは無いにかかわらず、不用意にどこかに置かれている。
 
改めて、整理をし、確認を終える。
 
 
カバンを見れば、鍵を預かって帰り、やはりキーケースに収納、と思い開けてみると、今一歩、上手にいっていない。
 
それからまた片づけ始め、あれやこれやで一時間半ほど。
 
そのうち、文具の引き出しにまで手が及び、二時間あまりで整理整頓。
 
ものに番号でも振って置く場所を決めたい位考えてしまう。
 
洋服は季節と内容と場所とが片づけられて、制服でもあり、タンスは至って綺麗。
 
 
たくさんの人が触れるものの整理整頓というのはまことに難しい。
 
朝から二時間半、整理整頓をし、片付いたことにほっとする。
 
あまり気にならん性格だったらいいのだがと、ちょっと思ってしまった。
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP