ちいちゃんの昔話

ふと考えた

朝は晴天。
 
かなり、過ごしやすいように感じる。
 
ヘルパーさんに介護を受けながら、もう少し上、袖口を引っ張ってと言っている。
 
 
かゆい時。
 
耳が、
 
頭が、
 
鼻が、
 
等と昔は色々痒いときにふっと手が伸び、掻けていた。
 
それはまことに気持がよく、ホッとする時であった。
 
 
 
 
手も足も動かないということは、かゆい所に手が届かない。
 
夜中に鼻がかゆい、結構辛い。
 
分かるかなあ、この気持ち……。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. ないです ありません

  2. 一直線の道を

  3. 30年前も 40年経って・・・・

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP