ちいちゃんの昔話

新鮮に感じれる

大雪
何とか車で会社に行く。
職員も同乗されて、その空気に・・・・不思議な気持ちがよぎった。
朝の時点、わだちも低く、むち打ちにならずにすんだ。 
デスクにつけば頭は切り替わり、いつもの仕事。
ボケておれません。  
終活には程遠い感じ、スタートが遅かったか。
後始末、後始末をせねば。
    
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP