ちいちゃんの健康

改善が遅い

小雨。
 
 
最近では小雨ぐらいだったら小走りで出勤。
 
本当はちょっとカッパを羽織りたいのだが、まあしゃあないな。
 
 
昨日から書いている、私のかぶれか、虫さされか、アレルギーか全く分からない状態で顔は赤いまんま。
 
腫れは少し引いたような気がするがそれもわからない。
 
職員さんも皆さん心配しながら、覗き込むものの、何もできない。
 
 
今日は皮膚科に電話を入れ、治療してもらおうとお願いしたが、今日ではなく明日に日延べされ、明日の昼から診てもらうことになった。
 
早く炎症と水ぶくれを取り除いてほしい。
 
 
今日気がついたこと。
 
保険証をいつも身から離さず持ち歩かないとだめ。
 
私はたまたまコピーを保管しているので、それで間に合うだろうと皆さんと話をする。
 
しかし、出先であればそうもいかない。
 
気をつけよう。
 
明日は楽になっている事を願う。
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP