ちいちゃんのお仕事

ちょっといたずらをしてみます

今日も一日暑く、着るものを選択するのも大変。
 
みなさんと同じ制服の夏用のTシャツを注文して、その中にちぃちゃんの分の追加も願いする。
 
 
以前ボランティアをしてくれていた人が看板Tシャツのプリントを手掛けている。
 
その作品を一枚借りて私に何ができるかと数日考えた。
 
そこで考えたのは、ちぃちゃんはTシャツを着ないが自分で描いた図柄をTシャツに転写して頂こう。
 
白生地であれば1500円とのこと。
 
たまたま私が描いた作品があるから、一枚だけ作成してみてもらおう。
 
どんなTシャツが出来上がってくるか。
 
これまさにビックリ箱!
 
乞うご期待。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP