ちいちゃんのお仕事

整理しました

分厚いバインダーにぎっしりの名刺。もうひとつ探しにくい。
探すのに時間がかかりすぎ、無駄。
そこで、今日昼からた~くさんの名刺を全部外して頂き、まず仕分けをした。
県庁、市役所、銀行、マスコミ、企業等… 振り分けてもらう。
まあ、大量な物で、外して入れ直し仕分けする、半日とは恐れ入る。
しかし、すぐ探すのにお仕事が行政絡みが多いため、仕分けをした方がずっと早い。
ちいちゃんは、仕分けだけで指示をするから良いけど、現物の名刺を見たらもっと時間がかかっていただろう。
同じ人でも何枚もある。
その意味でも公務員さんはそう変わることはなく、この仕分けの方法が合っているように思う。
この間までは、もらった順番でファイルしていたが、それは不都合。
あとは一般企業の名刺も忘れてしまっているだろう、名前、会社、どう一致させるか。
半分近くそのような名刺があるような。
ちょっと対策が必要。
仕分けをしたらバインダーが足らなくなった。
3cmか4cmのバインダーを追加して買うことにしよう。
最終的にはデータ化が一番いいであろう。
そのうち考えてチャレンジしましょうか。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP