ちいちゃんのお仕事

入れ替わり


職員の変動があるものの、冷静に誠実に人と向かい、最善の努力をする。

努力がすべて実を結ぶとは言い難いが・・・

善がすべてとは言えない時もある。


少しずつ進めことが見え、

皆さんに気持ちが一つにつながることを願う。

チャンスは転がっている。

そのチャンスをキッチ手を伸ばすか、見逃しして機を逃す。

チャンス、縁を大切にして生き延びるか。

このたびも精いっぱいにアンテナを張り山を越えなければ、

九合目までたどり着いた。




自分の遊びを見つけ実行をする。

私には一番つかしい課題になる。

努力という言葉だけでは、おしりは重くて動かぬ。

悲しいよ……。


  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP