ちいちゃんの健康

我が家

朝からいつものお茶とパンを少々。
 
それにゆでたまご。
 
40分くらいかけていただく。
 
外は白くなったり、あられがバリバリと音を立ててる。
 
 
 
帰宅以来、体温は37度前後。
 
排尿もしっかりで、昨日おしっこの管をはずして頂いたため、
介護はかなりスムーズ。
 
我が家の環境と介護の人達の力で早い回復へ向けよう。
 
メニューがまだ一歩定まらず、気をつけないと誤嚥をするであろう。
 
ゆっくりと時間をかけ、焦らず回復させよう。
 
 
 
この度の入院で分かったこと、勉強したこと。
 
筋ジスもしくはALSの患者さんの入院医療の選択、在宅の選択、
それらをお医者さんに伝えても現実はかなり厳しく、
望んでいるような生活はかなり厳しく、
これから一から積み上げていくことになるであろう。
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 往診日

  2. ごちそうを

  3. ないです ありません

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP