ちいちゃんの健康

何とかふんばる。

出勤時から、きついなあと感じながら、休んだらだめだめと、自分を奮い立たせる。
 
通勤時と事務所の中で、ちょっと不安だなあ。仕事できるかなあ。と考えていたのは
 
本音。
 
 
これでくじけたらあかんと、午前中に自分がしなければならない決断を三つし、
 
一つは厄介であったが、まあ明日、今日の話を詰めておかないと、明日の総会で何
 
も進みません。
 
少し時間をかけて、三つの事案を処理し、お昼を迎える。
 
今日のお昼はちっこいちっこいおにぎり、とまではいかない海苔に乗せ、頂こうとす
 
るが、無理。
 
春雨をゆでてささみとあえてサラダと思っていたが、サラダまでなってなく、そのメニ
 
ューもなし。
 
あと、バナナが4きれ、それは頂けた。
 
おしっこもそこそこで、やれやれ。
 
二時に往診に来られ、点滴をしていただく。
 
この前の検査で炎症反応が高く、無理をしたらあかん状況だったよう。
 
今日はデスクで座っていると、寝てるのと、全く顔が違いますねえ。
 
しかしながら、手と足にむくみあり。
 
もう少しだな。
 
夕方、体温を測ると、37度。
 
ここが落ちにくい。
 
夕食、二センチ程度のおにぎりを三つ。
 
上出来上出来。
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP