ちいちゃんの昔話

日記を書いていても落ち着かない。

毎日、むしむしと気持ちか悪い。

次から、次と片付けていかなければならない、書面。

行政から結果報告がない・・・。
一週間も待ち、しびれを切らし電話を入れてみた。

電話の内容、記述の不足があり・・・、
こちらで補足して、上に上げますので、
来週の中ぐらい・・・

20日にはといっておられたのに・・・。

どうも、書類が滞っていたような・・・。

専門の方がついているものの、結果が確定するまで心配である。

ここまでくれば、いつものように待ちますか。

忙しくなるばかりであろう。
今、ゆっくりするのもよし。

明日、音楽を聴くに行き、気分を一新をしてこよう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やはり、日記を書いていても落ち着かない。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 往診日

  2. ごちそうを

  3. ないです ありません

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP