ちいちゃんの昔話

一難去って、又、一難です。

昨日から大雨?、
これぞ梅雨?
ふりっぱなしである。

朝から、施工をする彼が電話をかけてきた。

「困ったことがおきたといういか・・・。いまからとりあえずいくわ。」

彼が来て「エレベーターを取り付けるのに、
25cmほどを底上げすれば設置できると考えて見積もりをしたが、

43cmも床が高くするひつようになる・・・。

その段差解消に機械を入れると又、50万いる・・・。

床を掘り下げるといいだろうけれど、
大家さんがエレベーターをつけることに難色をしてたからなぁ・・・

大きく改造しないという約束で借りたので・・・、

安く仕上げようと考えているのに、ここで、てこずるとは・・・。」

二人で頭を抱えてしまった。
どうしたらいいのやぁ!!!

一難去って、又、一難です。

昼からは段差解消の情報収集をする。

現在、よいアイデアがないです。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP