ちいちゃんの昔話

アホナァ!!

ちいちゃんは「人権」ということばで・・・

障害者になって人権にかかわる差別を受けたことは数知れずあり、
それらは心の隅に大きな傷となって残されていて、
これからもその大きな傷は消えることはないであろう。

今、ひとりでも生き抜かなければ、
乗り残されたくないという気持にさせている。

そのエネルギーがしたたかに生きさせている。

最近、知人から知的障害を持つ人の人権にかかわる話を聞く。

その内容はことばでは言えないほど、家族から人権侵害をうてていることで、
周りも、その人を何とかしなければと思いながら・・・・
解決を見ぬまま数ヶ月、

その話を聞きながら、
ちいちゃんは「そんなぁ、アホナァ!!  それならうむなよ」と思わず厳しいことばを友達に言ってしまった。

思わず絶句とともにトーンをあげて叫んでいた。

彼女は関係ない人なのにぶつけてしまった。

これはひとことではない。
私も人権にかかわる差別を受けたことは数知れずある。

障害を持つことにより阻害しされことをしらされる

障害があるということで人権を脅かしてよいわけないし犯してはならないのだ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP