ちいちゃんの昔話

利用者は見た!!」

寒い一日

マウスは二階のものでクイックをすれば連打無。

やはり掃除か?

幾度となく掃除をしてみるものの、

掃除をかなりするが連打は直りきらない。

キーが操作できないからトラックボードを使用している。

パソコンと同じで6年以上。

二個のトラックボードを使用で寿命?

新しいものをネットで注文する。

夕方の介護中、介護者があくび・・・、

すかさず「利用者は見た!!」といいながら笑い。(家政婦は見た・・)

「しばらくいうよ!」と本人も笑う。

介護現場は結構楽しい場面を見ることがある。

以前、ちいちゃんは介護現場の難しさを感じて、

映像に残すことを提案をした。

実現をしなかった。

お互いに・・・難しいことがある。昔々の話。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP