ちいちゃんの昔話

夢ってなーんだ!!

晴れ

静かな仕事場、カッチ、カッチとキーボードが打たれる音。

この時間の流れがすごく心地よく感じられる。

このあとの大波が来るやも・・・

ひと時忘れて・・・

自分がやらなければならぬことを・・・

ひと休みするまもなく・・・書類が。

昨日は夢を見た。

思っても見ない人物で、思い出したくない人物。

以前、私のところで指導員をしていた人、大きな穴を開けて逃げていった人。

弁護士を立てたら関係ないと逃げた人。

アレから三年?

大きなお金の補てんを背負ったこと、諦めからか痛みも忘れかけ、

なのに、運営をするため、生き残る為に手を繋ごうというという・・・

目が覚めて・・・・おどろきで・・・何故なのだろうと

ちいちゃんが作業所の生き残りを考えているからか・・・。

夢ってなーんだ!!

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP