ちいちゃんの昔話

きれいにできたね

今日は作業所に実習生、

養護学校の1年生でかわいい女の子。

パソコンが好きだとのこと、指導員と和やかな雰囲気で一日終わる。

午前中はワードの資料で試し、なかなかスピードといい仕上がりもよい。

昼からは名刺作り、カラフルに10枚ほど仕上げ印刷。

「きれいにできたね」というと嬉しそうに笑う。

四時になり作業も終わり指導員の一人一人にニコニコと笑顔で名刺を見せてまわる。

今日は13名、休んでいるものがあっていてこれ・・・この作業所も狭い、

二つの事業所には、なお狭い。

頑張って書類を作成して次の許可をいただかないと進ません。

今日は朝から自宅ですっきりと散髪。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. ないです ありません

  2. 一直線の道を

  3. 30年前も 40年経って・・・・

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP