ちいちゃんの昔話

転んだときの目線・・・

久しぶりに伺ったところで、いいことばをいただく。

転んだときの光景は、

転んだときにしか見られない。
          

だから、大切にするんだよ。

そうだよ!

ちいちゃんの転んだときに経験した目線、

それを無駄にしたくないと、がんばっているのだよなぁ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP