ちいちゃんの昔話

またまだ続く

 
今まで薄れかけていた友達へ、知人へ、
 
古い資料をものに手繰り寄せてゆく、
 
連絡が取れなくて?
 
どうすればよいの?
 
 
元気だと伝えたい。
 
伝えれるときに
 
今 伝えておきたい。
 
 
あとで悔いないため、
 
今 伝えたい。
 
 
 
この思いが叶うのか
 
次々、情報はつながり、
 
連絡が取れていく。
 
 
電話の向こうから聞こえてくる声で、
 
周りの助けてくださる人からも笑みが、
 
やはり、あきらめない、投げ出さない、努力する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP