ちいちゃんのお仕事

研修会

事業所も12年と経過、暮れのミスを繰り替えないため、
営業、作業による行程にかかわる講習会を設ける。
皆さん真剣に聞き、ところどころ頷きメモを取る。
内容の中、作業と業務のちがいをはなされた。
内容を同じとらえてしまい間違えると、出る成果もまったく違い、
前進につながらない。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP