ちいちゃんのお仕事

共同作品

イメージ 1

 

今日は寒さも緩み、通勤も楽。完全に風邪は治ったよう。
 
 
 
やっと会議室に共同作品を飾ることができた。大きな額、見栄えする。
 
会議室=アート作品の展示にも一役かって頂く。今週中に玄関にも大きな共同作品を掲げよう。
 
ここまで大作を掲げられたら、皆さんに見てもらっても恥ずかしくない。年が明けたら、アート作品の常設展示の準備に取り掛からねば。
 
ちいちゃんの作品だけを並べてもらう期間を設けてもいいかな。
 
パソコンでアートをと狙っているのだが、忙しすぎて作成できない。
 
仲間の作品は立派で、表彰される。すごい。負けてはおれません。がんばろう!
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP