ちいちゃんの昔話

誠実に対処

毎日、大きな事案を整理片づける事多く、

皆さんの話聞く、意見を言う、指示を出すことの重さを感じつつ、

自問自答をしながら、言葉を選びたがえずに押し進める。


先だっての監査、実施確認があるらしい。


一つの事業所は書類の整えに焦りを見せる。

同じ業種にもかかわらず、二つ事業所の運営に開きが見える。

どちらが良いか、悪いかでなく、良い面を拾うことができれはよいであろうと感じる。



早い時期に少し託せることができるとよい。




  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 往診日

  2. ごちそうを

  3. ないです ありません

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP