ちいちゃんの昔話

卒論へ

ボランティアをしてくださる学生さん、「ちいちゃんをもっと知り卒論のテーマに…」。
 
と言われ聞き取りをしたいとのこと、
 
「いいわよ」 と承諾する。
 
 
今まで視点はそれぞれちがっていたのかもしれないが?、
 
数名の学生さんがちいちゃんの抱えている問題、乗り越えた結果、など研究課題としてくださっている。
 
 
テーマを学生さんが集まり話、調査から研究につなげてくださるのであろう。
 
 
ちょっと楽しみ。
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP