ちいちゃんの昔話

今日もお片づけ

 
三週間ほど前より、片づけ始めた本箱の中。
 
 
大きなファイルに種別に資料書類仕分け、ファイリングの最後の詰めをする。
 
いつもながら片づけながら自分の整理整頓魔に驚く。
 
38年 長きにわたる通帳。中身。
 
この膨大なデータ解析をしたくてうずうずする。
 
そんな暇ないよね(笑)
 
二十年かもしれない前の原稿、解析したいような。
 
思い出し、熱くなるんだろうなあ。
 
さあ、まだまだ残されてる整理整頓、どこまでできるのか!
 
 
私が居なくなったときに、「やっぱりちいちゃんや」「ここまでするか」という声が出るまでとことん整頓。
 
 
最近は制服を着るために洋服の整理整頓がずーーーんっと減り、ヘルパーさんに「洋服の整理が減ったね」と伝える。
 
ヘルパーさん、少し寂しいんじゃないですか?
な~んて言う。
 
なになに、少し目を離したら、どこに片づけられているのか、分から~ん!…
 
やっぱり整理整頓。
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP