ちいちゃんのお仕事

暮れの準備

今日はまあまあの天候。
 
年末の準備に大わらわ。
 
正月飾り、ぽち袋に新札。
 
最後の銀行回り。
 
事務員さん1人辞められた加減で、かなり忙しい。
 
来年に向かって様々な段取りやらスケジュールをこなしていかねば。
 
今日は20歳のお嬢さんが入られることが決まり、
 
早速明日から働いてくださるということに決まる。
 
若い人が入る、いいねー!
 
笑顔のいいお嬢さん。
 
来年に向かってエールを送る。
 
責任者の職員半年以上休む。
 
いよいよ年末ぎりぎりに退職と決まる。
 
明日は大掃除。
 
 
 
あ、忘れてた、おもちを用意することを!
 
ぜんざいも。
 
来年はお雑煮を食べるぞ!
 
明日は最後の買い出しかな。
 
かなりの出費だなー
 
個人的にも事業所的にも。
 
大変大変!
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP