ちいちゃんの健康

疲れ

 
昨年からの大きな事案3,4つと何も言わず抱え込み、踏ん張りすぎたせいか、芯の疲れがとれないようである。
 
何十年分の疲れが出てるようで、身体は全く言う事を聞かない。
 
寝不足なのか、少し眠っただけで頭の中で指示を出しているような、自分のその声で目が覚める。神経が立ちすぎているのである。
 
新車が来ているというのに、乗ることも無く、何してることやら。目の前は真っ暗。気力で乗り越えられるものなのか。
 
 
 
 
ここしばらく、事務所の空気は引き締まっている。もっと早くこの空気をみんなが感じ取らないと。
 
ここ一ヶ月ばかりの言葉は少ない。でも、職員さんにはしっかり伝わっているようである。
 
責任者がんばれー!
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP