ちいちゃんのお仕事

店舗の改修始まり

雨、暑いのか肌寒いのかわからない。
 
 
自分の役割を果たすため、次々と思いめぐらして計画の中に入れ込む。
 
また、一人の子供を産み、育てる大切さを感じつつ進めることになるであろう。
 
 
ワクワク、ドキドキと心をときめかせながら数か月。
 
事業展開等 経験済みのせいか、あまり必要以上に不安を感じることもない。
 
若い人たちはすることが初めて、頭の中わからない!!
 
手が出せないことであろう。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 往診日

  2. ごちそうを

  3. ないです ありません

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP