ちいちゃんの昔話

お勉強会

長い事思い描いたパソコンの勉強、実行することにする。
 
 
今季の仕事の受注も20%増え、無事に届けられる状況であった。
 
来年はもっとしっかりとしたスタッフが勉強しつつスタンバイさせる事が必要。
 
三月からの仕事は3人ほどのソフトが扱える職員さんと、その他の職員さんで残業も一週間したのみで正常に戻る。
 
機材も揃う。
 
あとはソフトの扱いをできる事が重点項目。
 
一人欠けても大丈夫な様に手を打たなければならない。
 
 
 
 
パソコンソフト+イラストレーターを、ちいちゃんともども個人レッスンをお願いをしてみた。
 
週明けて、見積もり予算を提示してくださる事になった。
 
平日は忙しいので週末に勉強できればうれしいなあ。
 
半年くらいかけて勉強かな。
 
 
さあ頑張るぞ!
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP