ちいちゃんの健康

少し大変

 
小さい事務所から大きな事務所に移り、日ごろ月に数回という利用者方々と接していたが、
 
今回は何倍の人と毎日のように接する。
 
 
職員さんも入れ替わり立ち替わり、事務所に顔を出され、
 
無意識に神経が立ってしまうのか、仕事が終わればどっと疲れが出ている。
 
 
お店をしている時はこのくらいの人の出入りは何でもなったが、気疲れが大きくちょっとこたえる。
 
床ずれも全然悪くはないが、痛みだけはまだ残されている。
 
奥底の痛みを取るには、肉を付けることと、介助の手を緩めずに受けるということなのかな。
 
この度は、リクライニングの車イスのおかげで、身体を倒し、少しだけ痛みの軽減を測れる。
 
さ来週は連休が二回もあり、そこの時点で体力の回復を図ろう。
 
がんばるぞ~!
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP