ちいちゃんのお仕事

車の調子が悪い

 
風が強いと朝晩ストールでもちょっと寒い。
 
羽織りやすいジャケットを準備するかな。
 
 
 
少し前から一台の車の調子が悪い。よく走るからか。
 
だましだまし越えて次の車検までと考えていたものの、いよいよだめらしい。
 
車屋さんと話をする中で代車も難しいようで、一台ないだけでも仕事にさし障る。
 
そのことを説明に加えておいたら、メーカーさんが努力し車検までの車を調達してくださる。
 
話はしてみるもの。お付き合いの中での協力、助かる。
 
保険は自分のところでかけて使用する。車庫証明等をとり、使ってくださっていいですよと。
 
 
約40年近くのお付き合い。さすがにありがたい。お店は今日本当は休みにも関わらず、出勤して対応してくださった。
 
感謝感謝。日頃のお付き合いをよくしておかないとだめだよな。皆さんに助けられ、スムーズ。いつもこうであれば嬉しいが。
 
 
もう一つの事業所の決算も終わり、一応一段落。明日も頑張ろう!
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP